テーマ:武田教授

お母さんが子供を守るための武器(1) 暫定基準値は危険

福島原発事故が起こってから、地方交付税と関係があるのかも知れませんが、本来なら市民を守る立場の自治体が、それまで市民を放射線被曝から守ってきたさまざまな法律や前提に違反して、「被曝は大したことはない」というキャンペーンを続けています。 今回、取り上げるのは「放射性物質の海洋投棄」というこれもまた破天荒な決定をした横浜市を取り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

巨悪は問われず??・・・判断力のないのは日本社会かマスコミ報道か?

鉢呂前経産大臣が記者会見とオフレコの場で新聞記者に不適切な発言があったとして辞任した。確かに大臣としては不適切な発言といえないわけでもないが、問題となった「死の町」という表現は地元の人が「ゴーストタウン」と言ったことを私も聞いていて、それを日本語で言っただけという感じもする。 良い言葉でなかったかも知れないが、その発言によっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【深く考える】主要政策・全滅の原因第一回 年金 by 武田教授

「全滅」と言って良いかはわからないけれど、今から20年ほど前、バブルが崩壊して「今後の日本をどうしていこうか」と言うことになった時期から、今まで日本の主要政策は失敗が目立つ。 たとえば、「年金」である。軍人恩給などの特別なものは別にして国民の多くが年金に加入できるようになったのは1960年代の初めだが、本格的に年金をあてにで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本来なら尊敬されるべき電力会社、犯罪へ踏み込むか?・・・補償金の書類配り

東電が原発被災者に補償金支払いの元となる書類を配布し始めたという報道がありました。近代国家になってから、私たちはさまざまな経験を通じて、「正義、文化、快適、健康」などを守ってきました。東電とその他の日本の電力会社の行為は、私たちが長い間の犠牲を払って築いてきた根源を破壊する行為にも感じられます。本論に入る前に、1970年代に起こった「フ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界の異端児・日本・・・その心を探る(2)家電リサイクル by 武田教授

私の人生でもっとも名誉なことと言えば、高等学校の国語の教科書に私の文章が載ったことでしょう。掲載された「現代国語」の教科書が送られてくると、私の前に川端康成、私の後に中原中也や夏目漱石の名前が連なり、これほどビックリしたことはありませんでした。 「愛用品の五原則」というタイトルのついたこの文章は私の著書「エコロジー幻想」の一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戦争後、もっとも大きな事件の映像 by 武田教授

かつて、戦争で焼け野原になった東京の地に復員した兵士が、その光景に立ちすくんだという話をよく聞いたものです。日本人は戦争で本当にひどい目に遭ったのですが、その後、奇跡と言われるほどの気力で立ち上がりました。 戦後の日本は朝鮮動乱を経て回復し、思想的には左右の厳しい対立はあったものの、高度成長を遂げてJapan as No.1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベクレル表示さえすれば東北の農家は助かるのに

東北の農作物や酪農品の90%以上は汚染されていません。しかし、販売店で「東北産」とか「岩手産」と表記されていれば、消費者はイチかバチか「汚染されていないだろう」として買うことはできないのです。 日本は乳幼児死亡率がとても低い国として知られていますが、それは「日本のお母さん」が日頃から、全力をあげて子供の食事、健康、ちょっとし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一関市長とのメールのやりとり(2回目)

市長さんとのお約束にもとづいてメールを公開します。 ・・・・・・・・・ 一関市長殿(武田からお送りしたメールのご返事) ありがとうございました。私も全力で一関が旧に復することで活動します。東電の電気も使わず、これまで補助も無く、単に毒物だけが降ってきた地域にあまりにもひどい政府と東電のやり方と思います…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一関市長さんへのご返事 by 武田教授

一関市長さんにはさきほど、同じ内容のメールを差し上げましたが、メールは私信ですので市長さんのご了解を得ましてブログにて公開いたします。 ・・・・・・・・・(市長さんからのメール)・・・・・・ 中部大学教授 武田邦彦様 あなたが、9月4日放送の「たかじんのそこまで言って委員会」に出演中、一関市の名前を出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国立ガンセンターなのにガンを増やすのに一生懸命!?

福島原発の事故が起こるまで、社会で信頼を置いているところがありました。 その一つが、がんセンター等の医療機関です。医療機関には多くの医者さんがおられて、日夜我々の健康を守ってくれるということについて強い信頼感を持っていたのです。 確かに、お医者さんのなかにもいろいろな人がおられて、ちょっと?と首を傾げたくなる方もおら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more