テーマ:原発とメディア

日本のために理解しよう(1)・・・太陽電池で税金をガッポリ

今回の福島原発事故やその後の日本の状態を見ていますと、政府や官僚ばかりではなく、専門家や学校の先生に至るまであまりにも日本国民をバカにしています。よく言われる「愚民政策」ですね。 つまり、テレビや新聞がそのまま言うことを聞くのを良いことにして、「誤魔化すことができれば、徹底的に誤魔化す」という「決意」を見ることができます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発がなくても電力は不足しない(外国と日本の情報格差) by 武田教授

2011年3月15日、原発が爆発した直後に、国際エネルギー機関(IEA)が、「日本は原子力発電の不足分を補うだけの十分な石油火力発電による余剰能力を有している」との見解を発表している。 それによると、IEAは月次報告書で「実際には、液化天然ガス(LNG)および石炭も使用することで需要に対応できる可能性が高いが、LNG、石炭の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

読者・視聴者のためのメディア・・・どの新聞から始まるか? by 武田教授

どのスーパーに「第二の中内さん」が出現して、お母さんのために「どの食材を買ってもお子さんを1年1ミリシーベルト以下にします」ということにならないかと書きました。 すでに水道局は「日本人は水だけを飲んでいるのではないので、1年1ミリシーベルトの10分の1、0.1ミリシーベルトで管理する」としている。そういうところもあります。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道、泊原発の再開:科学的にはNO by武田教授

北海道の泊原発の再開が問題になっています。でも、あまりに簡単なことですが、科学的には完全にNOです。 1) 震度6の地震で青森県東通原発から、石川県志賀原発まで、すべての原発が100%の確率で破壊された(破壊=地震が終わっても数ヶ月以上、立ち上がれない破壊)、 2) 特に、東通、福島第一、茨城第二は、全電…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more